現実と理想と立場、そして言葉と行動

 NHKBS1の「核なき世界へ ことばを探す サーロー節子」を視ました。サーロー節子さんは、先日の国連核兵器禁止条約締結へ向けて、自らの広島における被爆体験を語りながら、活動している一市民です。彼女は、カナダに在住で、カナダ各地の他アメリカなどでの講演を行っていますが、ニューヨークの高校での講演の終わりに、一女子高校生から「日本が他のアジア人を殺したことをどう思うのか」「原爆では10万死んだが、アジア人は日本によって1000万が殺された」という質問を投げかけられます。サーロー節子さんは、実は、その前から「自らの個人的な被爆経験だけを話すことでは、立場の違いを克服できないのではないか」という懐疑心と闘っていました。「どうすれば立場の違いを乗り越えることばを発することが出来るのか」ということを自ら自身に問いかけ続けていました。彼女は、その高校生にこう答えます。「広島・長崎を語るとき大切にしているのは、日本は被害者であり加害者であるという意識です。しかし大切なのは、どちらが悪いかではありません。殺りくそのものが悪なのです。」また、サーロー節子さんは、カナダの軍人出身の外務政務官ともカナダの核兵器禁止条約への参加を求めて面談します。そこでのやり取りで、外務政務官は、「(核兵器は)悲惨な武器ではありますが、軍事バランスの維持には必要だと考えます。今は(核兵器廃絶)は無理です」と答えます。それにサーロー節子さんは、「ではいつになったら(核兵器は)廃絶できるのですか?私たちと同じ人間が溶けて死んでいくなど、考えたくありません。あなたに想像できますか?核兵器はそれを引き起こすのです。」と問いかけ続けます。この時の外務政務官は、会談の最後に「あなたの行っている活動を否定する気はありません。あなたのような方がこのような活動を続けていくことが核廃絶に繋がることでしょう」と話しています。番組での二つの場面でのやり取りでしたが、「核廃絶」という“理想”を世界の“現実”が否定している姿が浮き上がるとともに、“立場”の違いがまた“理想”を否定していく姿もそこに見えて来ます。カナダの政務官は心ならずも自らの二面性(ダブルスタンダード)を吐き、ニューヨークの高校生も立場の違いからの歴史の見方の疑問を素直に出しました。

 さて、世の中は矛盾で満ちています。現実とは矛盾であり、立場の違いもまた矛盾です。もし、このような矛盾をみずからの「立場」から「現実」と言う言葉で遮るなら、矛盾は最後は“破壊”にょってしか解決されないでしょう。人間の歴史を振り返れば、確かに絶えず常に矛盾に見舞われて来ていますが、しかし、「今」と言うこの現実で「人類がまだ生きている」という事実は、見方を変えれば、人間が絶えずこの矛盾を避けることなく矛盾と向き合い、それを克服してきたからこそ、「今」という現実が存在している、と言えます。言葉を変えれば「矛盾こそ人間の進化発展の要因」とも言えます。そしてその矛盾と真正面に向き合う力とは、「変化(チェンジ)」という意識であり意志でしょう。カナダの政務官とのやり取りでの「いつになったらそれ(核廃絶)ができるのか」というサーロー節子さんの問は、「(核廃絶への)意志」を問うている訳です。そして、女子高校生とのやり取りの後にサーロー節子さんは彼女にこう話しかけます。「質問ありがとう。あなたの悲しみはよくわかりますよ。動揺させてしまいましたか。」生徒はこう答えます。「いいえ、あなたは私の質問に答えてくれました。」

サーロー節子さんは彼女が悩んだように、確かに被爆は彼女の個人的出来事ですが、それをどうすれば人類共通の意識と意志に繋げることが出来るのか、という壁の中でもがきながらも、その解決を“ことば”に求めている、ということがこの番組構成の主旨のようです。しかし、私は番組を視ながら、“ことば”として現れるのは表象であり、その“ことば”が生きるも死ぬも、やはり“ことば”を支える意識と意志、そしてそれを体現する行動こそが本質のように思えます。番組最期での国連でのサーロー節子さんの「CHANGE! Across the World」という“ことば“は彼女のそのような意志をまさに伝えていたように思えます。

 

<補論>

 言葉を命とするはずの政治家の言葉が、余りにもお粗末すぎる今の日本の政治状況を見るにつけ、サーロー節子さんの“ことば”の重みを感じます。この核兵器禁止条約議論の前に、核保有国とその恩恵を受けている国の記者会見がありましたが、アメリカのヘイリー国連大使と日本の高見沢軍縮大使の演説の言葉はいくら「現実」を訴えようとも、そこには矛盾を解決するという意志はみられず実に空虚なものでした。世界がいま、北朝鮮を挙げて戦争への道を突き進もうとしていますが、「反戦・平和」への意識と意志に裏付けされた“ことば”による具体的な行動こそが求められていると思われます。

救急搬送記

関わっているNPO活動の一環で行っている炭焼活動作業で怪我をして救急搬送され、丸二週間の入院生活を送りました。怪我は、除草中に自らの刈払い機(エンジン草刈機)で自らの足を切る、という悲惨ながらも無様な自損事故でした。原因はチップソーという丸鋸状の刃の緩みで機械全体が大きく振動、通称”肩掛け”という呼び名もある刈払機は必ず肩紐を装着して作業を行うことが原則ですが、横着にも紐掛けもせず、また振動時にエンジン停止という操作も行わずに”離した”ことで機械がキックバックにより、私めがけて「鋸刃が飛んできた」ことです。私はとっさに体を捻ったのですが、一瞬遅く、刃は私の左大腿部にぐさりと回りながら食い込んできました。その瞬間に傷の深さは認識できました。思わず切れた作業ズボンの中の傷を見ました。それは、今まで直接見たことのない、しかし確かに私自身の肉体を構成している生の“筋肉”でした。色は白かったように思います。現場から多量に出血する患部を押さえながらおよそ50メートルほど駆け下り、仲間に止血の要請を行い、足の付け根をとにかく縛り付け、119番通報。待つことおよそ30分。その間の私の心情は推して知るべし。とにかくショックの後の不思議な冷静さと激しい動揺の繰り返し。さて、救急隊員到着の声に少し気持ちが楽になり、彼らに身を任した時に、「後はすべて天命に従うしかない」と思いました。隊員は沈着冷静に私の傷口を判断。無線での「…収容。傷は・・裂傷・・・長さ20センチ、深さ5センチ・・・」という声が聞こえ、初めて自らの傷の客観的状況を把握し、これで「安心」と思ったのですが、しかし事は思わぬ方向へ展開したのです。いざ、搬出!という段階で、現場の地形(山中山道)では救急隊員持参の担架では危険、と言うことになり、山中専用担架(というのかどうか知りませんが)が必要なため「山岳救助隊を要請します」という救急隊の通知が為されました。後から考えれば、救急隊としては私の止血状態や傷の程度からして「緊急性」の尺度を下げ、より安全な搬送を選択したのですが、「天命に任す」などと思いながらも片方では一刻も早い処置を望んでいる私としてはある意味「寝耳に水」という気持ちで、また”覚悟の揺らぎ”が出て来ました。仲間の「大丈夫だ!」という励ましも、私の気持ちを代弁するような不安がわかるような声でした。その山岳救助隊が到着したのが、やはり30分後。担架は、よくテレビなどで見る山の遭難時に使用される「バスケット担架」というものでした。担架は救急隊員ではなく、山岳救助隊員によって担がれました。現場から道路までは、およそ100メートルほどの細い傾斜地山道を通っていかなければなりません。結局、担架から下され、”念願の”救急車に乗せられたのは、事故からおよそ2時間近く、また搬送先の病院到着時は3時間以上経ってからのことでした。後日談ですが、このように事故発生から病院着まで3時間もかかったとすれば、仮に切り口が動脈や顔面、首などであれば、「出血多量死」ということも充分考えられた様な事故であり、それが大腿部と言う体の中でも一番”肉厚”な部位であったということは「ラッキー」以外の何物でもない、というコメントを搬送先の医者から聞かされました。まさに「九死に一生」と言えるのでしょう。ちなみに私の不注意による事故によりかり出された救急隊員・山岳救助隊員はおよそ20名ほどいたそうです。これらの経済的コストは如何ほどだろうか、等と安静状態のベッド上で考えることが出来たのは、事故直後のあらゆる肉体的精神的動揺がとりあえず消えた手術後のことでした。

f:id:sumiyakitaicho:20170611113644j:plain

グリーンエネルギー革命と社会変革

安倍政権の極右シフトが言葉狩りにまで影響を及ぼしそうなこの頃です。ところで「革命」という表現は様々な状況で使用される日常語的な表現ですが、意識的に曲解されて、無条件に血生臭いものだと考えたり、甚だしい暴力行為が行われる無秩序な社会状態が出現することだと考える人もかなりいるようで、「革命」という言葉にも、そのうち何らかのバイアスがかかるかもしれません。「日本の政治に革命を!」などと叫ぶだけで「共謀罪」を問われそうな今日の情況です。さて、前置きはこのぐらいにして、2012年に当時の民主党政権が「私たちの手でグリーンエネルギー革命を実現しよう!」というキャッチフレーズで『グリーン政策大綱(骨子)』を唱えました。原発事故の直後ということもあり、政権の責任も踏まえ、そこで挙げられた項目は「原発ゼロ」を目標にかなり、確かに「革命的」な提案となっています。「IT革命」と比較する「グリーンエネルギー革命」の絵柄では、「政府・電力会社」と言う項目で、主役の交代を「消費者」或いは「ベンチャー企業」と位置付けています。しかし、この大綱(骨子)を出した直後の政権交代により、安倍政権はこの『グリーン大綱(骨子)』の真逆の方針(原発容認)を『エネルギー基本計画』として出して来たのはご存じのとおりです。  社会が進展進歩するのは、直線的ではなくかなりいびつな線を描きながら進んでいく訳ですが、「ターニングポイント(T.P)」或いは「エポックメーキング(E.M)」と言われる切っ掛けが必ず存在します。福島原発事故を歴史的観点から見た場合、かなり「T.P」「E.M」的事象であったことは疑いもないでしょう。先の『グリーン政策大綱(骨子)』では、「グリーンエネルギー革命によるイノベーションの連鎖で新たな仕事・会社(※)が生まれ、産業構造が変わっていくこと」と表現しています。単に技術の変更ではなく、文字通り「新しい社会」を目指すことこそが、「革命」ということになるのですが、「低炭素社会」を目指すのであれば、やはり単に技術の変更だけではなく、「社会(構造)の変革」というものを見据えて行わなければ、いつまでも社会というものは変わらないということでしょう。先の民主党政権に「社会変革」という気概まであったかどうかは、現在の民進党を見れば一目瞭然(※「会社」を「社会」と表現しない!)ですが、少なくとも、原発事故直後の政権にはその表れを感じさせる動きはあったように思います。世界の右シフト傾向やきなくさい「戦争」の匂いなどが顕在化してきている現代は、後の世から見れば確かに「T.P」「E.M」だと言われることは間違いないと思われますが、余りにも「現実」を優先させる流れを、たとえユートピア的であろうと「社会変革」を伴う「未来」を見据えた様々な決断・決定の流れに少しでも変えていく努力こそ、「歴史的生き方」と言えるのではないか、と思う次第です。

余命1か月

さてこのような文章を書くことを当初ためらったのであるが、思うところあり書くことにする。

昨日の夜、真の兄弟のように付き合う従兄弟から電話があった。時々会っていることもあり、「また何か用でもできたのだろう」という軽い気持ちで応答した。しばらく無言。そしてその後「、、、あと3か月の命と言われた、、、」という涙声の従兄弟の声を耳にした。唖然、そして絶句である。どう言い返せばよいのかわからずまま、こちらも無言になってしまう。頭の中で、従兄弟の伝える言葉の真実と真意を自問自答する。その間、わずか数秒程度のことだろうが、やっと「どういうことだ」と切り返す。「日曜日に胃がちょっと痛くなり、病院で検査入院したんだ。そして今日その結果を告げられた。すい臓がんで胃まで浸食され、どのような処置ももう効かない段階ということだ」と咽びながら従兄弟は答える。私は、「そんなことないだろう。何かの間違いだろう」と慰めにもならない、勝手な願望の言辞も会話の流れで話したような気もするが、「とにかく明日、病院へ行くよ」と返すのがやっとだった。電話を切った後、頭の中で従兄弟との出会いのさまざまな場面がフラッシュライトのように浮かんでは消え、何とも言えない重苦しい気分に見舞われ、その晩は寝付けぬままに朝を迎えた。「あって何をどういえば良いのか」、朝からその事ばかりが頭を離れない。従兄弟と約束したのは午後5時だ。東京では彼の親族は私しかいないこともあり、「担当医の話を聞いてくれ」と従兄弟が病院側に要請したとのこと。病院へ向かう車中でも、「どういう態度が彼を傷つけないことになるか」「もしもの場合、どのような段取りを(私は)取るべきか」「余命3か月という期間にできること、しなければならなことは何か」ということばかりが頭を巡る。頭の中では、私は「余命3か月」という従兄弟への宣告を私自らへの宣告のように感じながらも、また「(従兄弟は)私に何を要請するのだろうか」という身勝手な不安も同時に湧き起る。また、「死」というものを無理やり冷静に捉えようと、目線は車中の乗客の全てを追いながら「(乗客の)彼らもいつかは死ぬ。誰でも。それは早いか遅いかだけだ。」と必死に考えようとする。そのようなあらゆる感情が入り乱れる状態のまま、病院の前でしばし立ち止まること数分。意を決して意図的に明るい声で、「病室はどこだ」従兄弟に電話する。従兄弟に教えられた病室へ足を運びながらも、彼の顔を見ることに耐えられない気持ちは未だに続いていた。病室で寝ている彼に声を掛ける。思ったより、落ち着いた感じで答える彼に、私の不安は少し消え、何とか普通に振る舞う。談話室で従兄弟と二人きりになり、私は普通に「気分はどうだ」と聞く。従兄弟は「大丈夫だ」と答える。どう切出せばよいか、私は少し逡巡しながらも「医者の見立ては医者の側からの見立てでしかない。彼ら(医者)が我々の生命を完全に司っている訳ではない」などと理屈をいう。彼はそれにうなずくとも心ここに非ず、という感じだ。と、突然彼が泣きだし、私の手を取って、「あとをよろしく頼む」と何度も何度も頭を下げる。私も一緒に泣きそうになったが、従兄弟の負けん気の性格と気質を知っている私は敢えて冷静を装い、「わかった。大丈夫だ」と答える。そのようなやり取りがあった後、担当の主治医の話を聞くことになる。主治医は若い。まだ30代後半ぐらい私の息子の世代だ。従兄弟が(症状説明を)頼んだからだろうか、彼(主治医)は、従兄弟に「昨日と同じことしか話しませんよ」と、言いながら私に、従兄弟のカルテの画像を見せ、CTスキャン画像、MRI画像などに写る諸患部の説明を坦々と行う。そして、「早ければあと1か月しかもたない」と、ハッキリと言う。癌の告知について、このようにストレートに、しかもまるで車の故障を説明するような口調に相当な違和感を覚える。私は、その時何故か急に冷静になり、主治医に対するある種の敵愾心も手伝い、「なるほど、わかりました。先生のおっしゃることに多分間違いはないでしょう。これから先は医療を超えてあと残りの人生をどう生きるか、ということから考えないといけないということですね。ただ、あと1か月と言うのは、個人によってかなり差があるのではありませんか」と、私と従兄弟は普通とはちょっと違う人生を歩んで来ているということも付け加えて、軽く質問を投げる。彼は答えた。「精神力で何とかなるというものではありません。気持ちも行ったり来たりをくり返すでしょう。これから多分痛みが徐々に増して来ます。治療は麻薬しかありません」と。その時、部屋には主治医と私と従兄弟の他に担当の女性看護師の4人がいたが、死刑宣告にも等しい非常にヘビーな会話にも関わらず、本当に坦々と事務的に進んでいく。一瞬、なにか演劇中の人物になったような錯覚にとらわれ、従兄弟に対して「とにかく残された時間内にできることをやろう」と声を掛ける。彼も私と同じように、さも劇中の主人公のようなうなづきをしたように見えたのは、しかし、私が実はそう思いたかった意識下から出た感覚だったかもしれない。主治医との話は20分ほどで終わる。主治医の一貫した助言は身体が動くうちに身辺整理を済ませ、仮に故郷へ帰るのであれば早いほどよい、ということだった。彼はこのような症例に若いながら結構付き合っているのだろう。彼にとっての対患者マニュアルに沿った言動に見える。従兄弟に病室で別れを告げ、帰りの車中は少し気持ちが軽くなっていたのは何故だろうか、と考える。死へ赴くものへの生者としての申し訳なさなのか、或いはアリバイ作りか。

事態はまだ進行中である、、、、、、、。

現代社会の様相

少し政治的な話になります。多分誰もが、今の日本の状況について不安をお持ちでしょう。株価や円相場などの指標がいくら「高景気」を叫ぼうと実感としての「不景気感」は相当なものです。安倍首相は「国粋主義」を唱えながら、片方で米国への従属を世界に先駆けて率先しています。その安倍内閣では、多くの閣僚がその発言や行動が普通であれば辞任当然にも拘らず平然としています。いわゆる「森友学園問題」では、どうみても明らかに不正があるにも関わらず、国会における追求と議論は期待外れに終わっています。一方世界に目を向けると、トランプ大統領出現で「一国主義」に向かうかと思われた米国が、過激に軍事力を突出させ、「すわ戦争か」と脅かしながら、片方で交渉を行うチキンレースを行ています。フランスでは、「いまや右翼も左翼もない。あるのはグローバル対愛国」とルペン氏が述べ、国が真っ二つに分断されています。イギリスでは、「EU離脱」問題が結論が出たにもかかわらず未だにくすぶっています。

 さて、このように今の日本そして世界の状況を見てみると、「矛盾」したことが何故か堂々とまかり通る現象が続いています。このような状況についてさまざまな分析がなされてますが、どれも的を得ているようで、しかし釈然としない説明ばかりです。そしてそのように「わかりにくい」からこそ、「分かりやすい」説明が求められます。既存のマスコミはその「わかりやすさ」を提供する大きな存在です。その様な流れの中に「ヘイトスピーチ」或いは「北朝鮮有事」「憲法改正」などが次々と簡略化された記号の様な形式で説明されていきます。すべてが単純化された関係として、たとえば「政治」と「経済」、たとえば「宗教」と「科学」が、そして「戦争」と「平和」が語られます。その語りを保証する役割が「専門家」です。

 ここまで書いて気付いたことがあります。現代社会は、モノゴトを「自らが考えない」社会になってしまった、ということです。「自らが考えない」ということは、「私」という”主体(サブジェクト)”を”客体(オブジェクト)”化しているということです。グローバル化による社会システムの一元的統一化が、本来なら多様性と差異性に富むべき「個人」をそのようにしているのかもしれません。心理学にシステムⅠ(無意識・本能)、システムⅡ(意識・理性)という考えがありますが、ある心理学者によれば、システムⅡは「問題が簡略化されればされるほど人間は受け入れやすい」、という解釈があります。「理性が単純化されている」という表現なら分かりやすいかもしれません。冒頭にあげたいろいろな例を本来的な「理性」で思考すればもっと矛盾は解決するはずなのに、単純化された「理性」の思考がそれを阻み、結果として益々「矛盾」が深まっていくという不合理な繰り返しが行われている社会が今の社会と言えます。

 しかし、人間はそもそも機械ではなくそのように単純化された存在でもありません。人間が自らの中で本来ある「複雑さ」と外部からの「単純化」せめぎ合っているのでしょう。「不安」の要因はそのようなことから起きて来る現象と言えます。ロボット或いはAI(人工知能)に大きな期待と興味が膨らんでいる姿は、人間自身が益々「単純化」を目指す方向へ向かおうとしているようにも見えます。多分、その行き着く先には「全体主義」がゆっくりと顔を出して来るのでしょう。

 さて、皆さんの「理性」は果たして「単純化」されていませんか!如何ですか? 

<DAIGOエコロジー村通信5月号より>

当事者という意識

本号(会報4月号)の扉の「今月の断章 ワガコトとして(オイラーからラグランジュへ)」は非常に示唆に富んでいます。情報化社会の進展は、いつの間にか「思考する」ことから「選択する」ことに重点を置く社会となりました。それはシステムと言っても良いくらい我々の生活の隅々に入り込んでいます。「選択」は絶えず自らを客体化させることから始まります。「選択する”主体”」があるから主体的行動のように見えますが、日々の外部情報の波によって主体性は本来の自己を失い、その失った自己を「選択する」行為で「自己(と思われるもの)」を確認するという図式は、まさに現代社会システムにおける人間行為のプロトコルとなっていると言えます。抽象的言い方になりましたが、簡易に述べれば「当事者意識を失っている」と言っても良いでしょう。「当事者意識」を失えばそれは単に「主体無き客観性に身を任す(三島由紀夫)」しかありません。テレビに映る悲惨な画像を、酒を飲み食事をしながら視て、「反戦」や「平和」を訴えたり、時の権力や政府を非難する。弁舌豊かな或いは劇場的な感情移入の豊かなコメンテーターや、キャスターの語りが彼らの当事者意識を代弁してくれる。「今月の断章」でいうオイラー式とは「第三者的評価記述」であり、ラグランジュ式とは「当事者的評価記述」のことです。  国文者の蓮田善明(1904-1945)と文学者丹羽文雄(1904-2005)の逸話は今回のテーマを如実に物語ったものです。丹羽文雄は『海戦』という小説を書いていますが、彼(丹羽)は海戦の最中、弾が飛んでくる最中でも懸命にメモを取り、その戦闘の様子を描いた『海戦』を発表した時、蓮田は、〈本当の戦争〉を見ろと丹羽を非難しました。彼(蓮田)はこう言いました。「丹羽は戦ふべきだつた。弾丸運びをすればよかつたのである。弾丸運びをしたために戦闘の観察や文学が中絶してしまふと考えることも誤りである。弾丸運びをしたために或る場面を見失ふだらう、しかしもし弾丸運びをしたとしたら、そこに見たものこそ、本当の戦争だつたのである。」(蓮田善明「文学古意」)丹羽が当事者意識を捨て、「客観的な事実を冷徹に見る精巧なカメラ(三島由紀夫)」となっていたことに、文学者としての本当の在り方はどうなんだ、という鋭い問いかけでもあった訳です。戦争のような極限状態でなくとも、このようなシチュエーションは日常的にも見受けられるものでしょう。例えば、今問題となっている「森友学園」における首相夫人付き人においても「(法治国家における行政担当者としての)当事者意識」があればあのようなことは起きなかったのではないかと思われます。  「選択プロトコル」の社会システムが進めば進むほど「分業化」は並行して進んでいき、それはまさに「自己」の断片化であり、断片化されたピースをさらに選択することで再構成された「自己」とは果たして何でしょうか。幼少から外部情報にさらされ、与えられた情報を「選択する」技術を「教育」と称する社会から生まれてくる人間とは。どうすれば「当事者性」を持った思考ができるのか。 簡単な様で結構難しい問題です。

<低炭素都市ニュース&レポート4月号より>

女猟師”狩りガール”

八王子恩方地域も通年のように「害獣駆除」が行われています。土日になれば猟銃を持ったハンターがアチコチに出没、時にはエコロジー村敷地内や三太郎小屋敷地内でもイノシシを追っています。農作物に被害をもたらすことで、農水省の発表によれば2015年度で農作物被害金額は、合計で191億円。主要な獣種別の被害金額はシカが最多の65億円。次いでイノシシが55億円、サルが13億円となっているそうです。しかし、これらの野生動物に対処するための管理捕獲をする猟師は高齢化が進み、環境省の発表によれば、平成25年度において狩猟免許保持者は全国で185000人、うち60歳以上が123000人とおよそ66%を高齢者が占めています。そこで大日本猟友会は女性をターゲットに特に若い女性を対象とした「目指せ!狩りガール」というWEBマガジンを開設したところ、高い反響を得ました。2015年の10月に開催された「第3回狩猟サミット」の参加者は、32都道府県から総勢177名が参加、このうち女性の参加者が46名(25.9%)を占めたそうです。ちなみに女性の猟銃免許保持者は平成25年度で2037人います。

 このサミットの模様を取材した日経ビジネス誌はこの女性猟師ブームについて、「狩猟女子の本やブログを見ると、東日本大震災がきっかけとなったという人もいます。見ると普通のかわいい女の子たちですが、自ら捕らえたイノシシやシカの皮をはぎ、飼っている鳥を絞め、解体し、料理して食べ、皮をなめす。体験をもとに狩猟や解体のワークショップを開催する人もいます」(日経ビジネス2015年10月号)と報告しています。

 これらの女性に猟師を目指す動機を尋ねたところ、「農作物への鳥獣被害を減らしたい」(福井県高浜町町議会議員の児玉千明さん(25))「シカ肉が好きなので、自分で獲って食べてみたい」(女優杏さん(31歳))「地域貢献の一つ」(北海道初山別村村役場勤務の吉田百花さん(23歳))「狩猟は命をいただく仕事。その意義や魅力を伝えたい」(奈良女子大大学院1年の竹村優希さん(23))と動機は様々です。目的(動機)とともに、狩猟そのものの魅力については、「自然の中を皆で駆け回って、獲物を分かち合う瞬間に幸せを感じる」(山梨県猟友会青年部の勝俣麻里加さん(25))「仕留めた瞬間が爽快」(北海道白糠町松野千紘さん(25))「撃ち損ねたシカと目が合うと、悔しさと闘志がわき起こる」(大阪府門真市の国見綾子さん(28))「たくさんのヒトの理解と動物の命をいただくことで成り立っている文化」(網・わなの狩猟免許をもつ長濱世奈さん(27))「ただの殺生と違うからこそ精神性がとても大事」(兵庫県朝来市の吉井あゆみさん)「命を頂くことで私たちは自分の命をつないでいる」(川崎市木こり系女猟師、原薫さん)「殺生を誰かがやってくれているおかげで肉を食べることができるんだと実感」(東大阪市の会社員、藤崎由美子さん(46))、、、、とさまざまな感想を述べています。

 これらの狩りガールに共通する通過点として「何故生き物を殺すのか?」という質問を必ず受けるそうです。先述の木こり系女猟の原薫さんは、初めて獲物を仕留めたときのことを「目が合いましたね。しばらく見つめ合っていましたよ。仕留めたときはうれしさ半分。あとは、ああ殺しちゃったなあって」と述べ、「今でははっきりと言えます。命に差はないと。食肉用で飼育される豚や牛と、山の中を歩き回る猪や鹿。どちらも同じ命なんです。その命を頂くことで私たちは自分の命をつないでいる」と信念を持って言えるそうです。

 先日、埼玉県越谷市の皮革工場を見学する機会に恵まれ、およそ4時間ほど皮のなめし工程から原皮製品になるまでを視察しましたが、ご案内を頂いた㈱ジュテルレザーの沼田聰会長からも「命を頂いている」「皮革製品になっても(皮は)呼吸している」というお話を頂きました。人間と動物の関係は古代から続いていますが、人間と動物の間の命のやり取りを一方的でなく双方が「命を繋ぐ」という感覚・感情を忘れてはならないでしょう。それにつけても人間同士の間こそ命の扱いの粗末さが目立ってきていることを改めて思う次第です。 

<DAIGOエコロジー村通信4月号より>