2015-04-01から1ヶ月間の記事一覧

「安倍晋三語録ナショナリズム」批判 ~著書「美しい国へ」語録から~

その①【移民チームでW杯に優勝したフランス】 ≪安倍晋三氏曰く≫『スポーツに託して、自らの帰属する国家やアイデンティティを確認する・・・<中略>・・・フランスは、第二次世界大戦のあと、労働力が不足して大量の移民を受け入れた。だがその後ナショナ…

キューバとアメリカ国交正常化の裏側

ここの所、アメリカとキューバの国交正常化についての報道が賑わっている。日本を含め西側メディアは、「キューバ現体制が望むのは経済制裁解除であり、キューバ市場が開かれればキューバ国民の経済困窮解消につながる」という論調により「困っているキュー…

産学協同(共同)

1960年~70年にかけての学生運動華やかなりし頃、「産学協同路線」は資本主義 の手先の理論であり”粉砕”すべき理念であったことは、当時を知る方々はご存じ のことでしょう。この考えの一つには「学問の”純粋性”」を「企業活動の”不純 性”」から守らないとい…

京都大学の変質

「グローバル人材」とか「リーダーシップ」とかビジネス界では好まれて使われる言葉が教育現場にもヅカヅカと入って来ている。先週末のNHK ETV特集『”グローバル人材”を育成せよ~京都大学・改革への挑戦~』を見て複雑な思いと言うか、「ここまで産学協働路…

漂白民と炭焼人

歴史学者の網野善彦氏は『日本とは何か』という著書において、もともと「日 本」或いは「日本人」という一つの概念(或いは文化)に集約できる存在は「い ない」という持論を呈しています。 論点の元になるのは、日本列島という地理的条件を背景にいわゆる農…