読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

醜悪な老人政治家達にかき乱された都知事選

東京都知事選が始まった。「脱原発」が争点なのか、「反安倍」が争点なのか、それとも「国政ではなく都政」などと、左右上下百花繚乱入り乱れての選挙となり、有権者の側もだんだん「何が何かわからない」状況というのが実際の気持ちではないだろうか。「政治の世界は一寸先は闇」とも言うが、今回の都知事選ほどいろんな意味で醜悪な選挙はないだろう。しかし、これが現在の日本の姿であると思えば納得せざるを得ない。私は今回の選挙の根本は、表に出ている勇ましい「脱原発」「反安倍」などのテーマではなく、徳洲会マネーを巡る疑惑隠し」が本音だと思う。猪瀬知事辞任を巡る一連の流れをみれば明白ではないか。「百条委員会設置」は元から仲井真知事を脅すためのポーズであり、その副作用(副次効果)として猪瀬は狙われたのだが、まともな捜査をすれば猪瀬よりも本命な元知事がいるのは誰でもわかる。さすがにこの元知事は「百条委員会設置」が実現すれば“万事休す”であるが、この徳洲会マネーの汚染度はロッキード疑獄よりある意味性質が悪い。とにかく自民党のみならず他の政党所属者にも行きわたっていると思われる。(※徳田虎雄氏の所属政党経緯を見ればよく分かる)この元知事が旧知の「純ちゃん」に相談したのだろう。その時「純ちゃん」は多分こう言ったのではないか!

・・・・・・・・・・・・・・

「いい方法がある。とにかくこのまま行けば選挙の論点は徳田疑惑解明とやはり原発問題は避けて通れないだろう。今の政権はちょっと有頂天で先走りし過ぎている気がしているので、私もちょっと心配しているんだ。原発の問題はやはり大衆には大きくいまでも存在している問題だ。日中、日韓ではとにかく求心力を作ったが、原発問題ではこのままいけば逆に支持率を失う。私が脱原発と言い始めたのもそのことがあるからだ。まぁ、もちろんその先のメリットも充分考えているがね。とにかく自民党内にもちゃんと脱原発の考えはあるんだ、ということをアピールすれば良いと思ったからだ。そこで相談だが、今回の都知事選に“脱原発”をフレーズにこちらからも誰か候補者を出そう。何も政権党としてまとまる必要はない。とにかく今のままで行くと脱原発派の優勢がひょっとすればひょっとするかもしれないし、彼らは当然徳洲会疑惑も出してくるだろう。しかし、脱原発”派を二分することができればまず宇都宮の当選はない。一本化と言う要請には答える必要もない。もともと私は“脱原発は各自がそれぞれの考えで目指せば良い”と言い続けている。そこで候補者だが、細川さんでどうか!最近陶芸ばかりやっているが、どうもも一つ燃えないらしい。私もあなたも結構な高齢者だが、やはり政治家という生き物は政治の世界でしか生きられないのだよ。元首相と言ってもやめてしまえば情報も入らないからね。彼なら“脱原発”と言っても大衆は意外とすんなり受け入れるだろう。なぁに、他の細かい政策についてはどうでも良い話だ。当選するのが目的ではないからね。引退した政治家にとっても選挙は心が燃えてくるお祭りのようなもんだ。細川さんも元気になればいいじゃないかな。まかり間違って当選すればそれはそれでまたいろんなメリットも出てくる。担ぐのはやはり殿様だよ。そう言えば細川さんも徳田さんから自由連合の時に金をもらっていたようだが、、、、、まぁそこは何とかなるだろう!佐川の金の話も出てくるだろうが、細川さんを支持する反原発派の連中が守ってくれるだろう!あとは私に任せなさい。あなたも私も息子が可愛いが、彼らにはまだこんな芸当はできないだろうから、まぁしゃべる必要もないよ。このような芝居はまず身内から騙さないとうまくいかないからね。さぁ、私も久しぶりに血が騒いで来たぞ!やはり、日本は高齢者に住みよい所だね。こんな面白い遊びが出来るなんて!長生きするもんだな!ハハハハハ!ところで、あなたの東電病院を徳洲会に売却する話もこんなことでうやむやになってしまったのはちょっと痛かったね!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

まぁ、あくまでも私の“妄想”の話であるが、「事実は小説より奇なり」とも言う。純ちゃんではないが、「各自がそれぞれ考えれば良い」のである。

 

<追記>

冗談のような話になってしまったが、職業政治家という人種の思考は常人には考えられない発想と行動を行うものだ。最近の日本の政治家はサラリーマン化してしまっているので、その発言にも行動にも全く面白味がない。また、有権者の側も、「自分で考えることなく」マスコミやネット情報などをそのまま受け入れる状況だから、選挙もマーケティング化してしまう。これが今の日本の実態だろう。