読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

科学と科学主義の違い

故郷鹿児島の高校の先輩でもある哲学者の山崎行太郎氏が「小保方問題」につい てユニークな、しかしある意味本質的な議論を継続している。

氏曰く「小保方事 件、STAP細胞事件は科学研究レベルの事件にとどまらず。現代日本の思想的劣化 という思想問題である」ということだ。

小保方問題についての「論文の書き方」 「パクリ・コピペ」など(を問題にすること)は低次元であるとし、そのような 批判を連ねる専門家或いは学者科学は「科学と科学主義の差異がわかっていな い」として、それは言い換えれば「存在論的思考とイデオロギー的思考の差異」 であり、そこに「諸悪の根源」があると言っている。

哲学者の論理展開なのでど うしても言語表現が抽象的だが、なんとなくわかる気がする。

科学の世界であ れ、我々日常の生活であれ、それは「リアリティ(現実)」の世界であり、そこ は矛盾と非合理に満ち満ちているのは当たり前だ。矛盾や混沌或いは非合理な現 実だからこそ「人間は間違う」。

山崎氏は言う。

「・・”科学も学問も、間違うのだ。間違うから科学なのだ。間違いの積み重ね の中から発見や開発は生まれるのだ。間違いを恐れる人間には科学も学問も芸術 も無理だ。科学主義的思考においては間違わない。何もしていないからだ。科学 主義的思考は、科学の廃墟である。”・・」

さて、小保方問題はまだ”解決”していないが、論文の書き方や科学的倫理道徳と いう視点からばかり見ていると山崎氏の言う”科学主義”に陥る可能性は否定でき ないだろう。

 

山崎行太郎氏は私より4期上の鹿児島県立甲南高校の先輩です。歯に衣着せぬ論 壇時評はとにかく快刀乱麻です。

★哲学者=山崎行太郎のブログ『毒蛇山荘日記』

http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/