読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融危機

先月の福田首相辞任というニュースでも驚きましたが、今月は、もっと驚く超弩級の「金融危機(恐慌)」のニュースが世界を駆け巡りました。

FRB議長のグリーンスパン氏は「100年に一度の危機」と評しており、世界各証券市場も歴史的な下落幅を示しました。

  • 本件に関しては、テレビやネットでは、様々な論評や意見が洪水のように出ていますが、皆様のお考えはいかがでしょうか。

1929年の世界恐慌と違い、大量な情報量と情報伝達の速さのせいか、未曾有の金融危機にも係わらず、なぜか世間は「平静」を装っている感じです。

格差社会の現象」が毎日のように報道され、”いまさら”、という諦め(皮肉)もあるのでしょうか。

金融工学」などともてはやされ、「お金が商品となりお金を生む」というデリバティブ取引の蔓延した結果であれば、遅かれ早かれこうなるのはわかっていた、と(今だから)言えますが、しかし、人間とはやはり"愚か"としか言いようがないですね。

この金融矛盾の解決を決して”戦争経済”で解決しないでほしいと願うばかりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

炭焼の大先輩、杉浦銀二先生は「炭が地球を救う」が合言葉ですが、「炭焼が世

界経済を救う」という知恵を考えたいと思うこの頃です。(2008.10)